ホジキン病治療に関する今後の課題

ホジキン病は生存率の高いがんのひとつであり、
早期に発見されれば80%以上、
もっとも進行した状態でもほぼ半数の患者が
治癒するとされています。

がんが難治性のときや再燃したときも
選択肢が複数あり、他のがんに比べれば
治癒の可能性は高いといえます。

とはいえ、難治がんや再燃がんに対する抗がん剤は
日本では未承認や適応外のものが多く、
早期の承認が求められています。

このがんは治療後の二次がんの発生率が非常に高く、
治療後20年以内に別のがんを発症する患者は
10~20%と見積もられています。

二次がんの発症にはおもに、
かつてMOPP療法で用いられたメクロレタミン
(ナイトロジェン・マスタード)などのアルキル化剤、
エトポシドなどが関係していると考えられています。

現在の標準治療であるABVD療法は
二次がんの危険をそれほど高めないとされていますが、
治癒後の患者の十分な追跡調査が必要とされます。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?