愛知県がんセンター中央病院|抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院


抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院
愛知県がんセンター中央病院
室圭医師

■住所

愛知県名古屋市千種区鹿子殿1-1

■実績・成績

年間外来患者数延べ約5000人、
内訳は大腸がん約3000人、胃がん約1500人、
食道がん約500人(科・2007年)。


■治療の方針と詳細

2006年1月に愛知県がんセンター中央病院の
独立した部として新スター卜した同部は、
消化管がんの化学療法・化学放射線療法を中心に、
胚細胞腫瘍、頭頸部がん、原発不明がんなどの
固形がんへの全身化学療法を行っている。

同部長は、食道がん手術をせずに
食道温存を図る治療法である抗がん剤と放射線を
組み合わせた化学放射線療法の研究に長年携わり、
手術に近い成績を得ている。

対象はⅠ期~Ⅲ期の症例で、
5-FUとランダまたはブリプラチンによる
抗がん剤治療を同時に1回1.8グレイずつ
合計28(計50.4グレイ)、もしくは1回2グレイずつ
合計30回(計60グレイ)の放射線治療を行う。

放射線照射単独の期間は必ずしも入院の必要はなく、
通院で受けることが可能。

また、消化器がんを中止に新薬の臨床試験を多く手掛けており、
最近では臨床第Ⅰ相試験にも注力している。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式