近畿大学医学部付属病院|抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院


抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院
近畿大学医学部付属病院
佐藤太郎医師

■住所

大阪府大阪狭山市大野東377-2

■実績・成績

2008年度の科全体の新患数は750人。

そのうち外来はのべ14000人で、入院はのベ1200人。
佐藤講師の患者数はのべ2000人。

■治療の方針と詳細

佐藤講師は、大学卒業後に大学の付属病院などで
臨床経験を積んだ後、アメリカに渡って、
ケース・ウエスタン・リザーブ大学、
コロラド大学において最新のがんに関する
薬物療法について学び、帰国して同院に勤務。

同院では、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医として
がんの内科医的治療における化学療法を手がけている。

専門は、消化器がんを中心とする固形がんの薬物療法であり、
外来および入院患者にとって、
最適な抗がん剤治療を行っている。

その一方で、新規抗がん剤の臨床試験も手がけている。
2008年9月に承認されることになった分子標的薬
「セツキシマブ(商品名:アービタックス)」や、
日本で開発された直物アルカロイドの誘導体である
「塩酸イリノテカン(商品名:力ンプ卜またはトポテシン)」
の遺伝子多型による用量設定試験で、
その実現のために研究を続けてきた。

これらに加え、同講師は、患者のQOL向上のため
的確な抗がん剤治療を行うことで、
同大学が掲げているテーラーメイド治療の実現に
貢献しているだけでなく、さらなる新しい薬の
開発にも積極的に関わっている。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式