大阪医科大学付属病院|抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院


抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院
大阪医科大学付属病院
瀧内比呂也医師

■住所

大阪府高槻市大学町2-7

■実績・成績

同センタ一2008年の患者は全部で5077人。

おもな内訳は、呼吸器内科2512人、泌尿器科462人、
婦人科426人、乳腺外科837人、消化器内科382人。

■治療の方針と詳細

同院では、瀧内センター長が中心となり、
各専門科の化学療法担当医と協力して2003年、
領域を横断して外来の化学療法を行う
「化学療法センター」を設置。

同センター長以下、抗がん剤を中心とする
薬物療法の専門スタッフを揃え、
安全で質の高い医療を実現している。

また、専任看護師・薬剤師・事務員などからなる
チーム医療による最新のエビデンスに沿った治療を実践し、
年に5000人を超える患者を受け入れている。

このセンターの特徴は、それぞれが専門分野を持った
化学療法の医師が揃っていることに加え、
大学病院であるため臨床研究(治験)も手がけている関係から
新薬を率先して利用できる。

さらに豊富な臨床経験から、患者の症状に合わせた
薬の切り替えや投薬量の調整など、
ほかの医療機関では難しい治療に関しても
対応できる点があげられる。

さらに同センターでは、腫瘍内科医と精神科医を中心に、
薬剤師、臨床心理士、医療相談部職員などによる
緩和ケアチームを編成して、
活動を行っているのも特徴だ。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式