筑波大学付属病院|抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院


抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院
筑波大学付属病院
兵頭一之介医師

■住所

茨城県つくば市天久保2-1-1

■実績・成績

胃がん、大腸がん、食道がんが年間それぞれ約20例。
累計ではそれぞれ300~500例(兵頭教授)。

2006年の患者数は科で16620人、1日平均68人が来院。
入院は16910人(1日平均46人)。

■治療の方針と詳細

兵頭教授は消化器を専門としてから約25年の経験を持ち、
進歩の著しい抗がん剤治療のエキスパートとして
新薬の開発研究にも取組む。

有効な薬剤の選択や組合せ、副作用への支持療法、
治療と副作用とのバランスなどを考慮しながら
知識と経験を生かして標準的治療を実施。

最新のより高い効果を示す新薬や
治療法の臨床試験を進めている。

切除後の再発胃がんに対する抗がん剤治療では、
従来は30%だった1年生存率が最近はその倍の60%に。

大腸がんはさらに進歩し、つい10年前までは
1年生存率が50%だったのが今は80%超、
「約半数の患者さんは2年以上生きられる」(同教授)。
悪心の抑制など、抗がん剤の副作用を抑える
支持療法も発達してきた。

抗がん剤で一番怖いのは白血球が減ることによる感染であり、
場合によっては死に至ることも。

そのほか食欲不振、脱毛、下痢などの副作用を
日常の診療でていねいにチェック、
治療とのバランスを取るが、
これには「経験が必要」(同教授)になる。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式