兵庫県立がんセンター|抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院


抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院
兵庫県立がんセンター
松本光史医師

■住所

兵庫県明石市北王子町13-70

■実績・成績

新規外来患者数148人(2008年)。

内訳は、原発不明がん41人、乳がん42人、婦人科がん30人、
肉腫15人、消化器がん12人、その他のがん8人。

■治療の方針と詳細

同科は、近年の抗がん剤の進歩を受けて、
より効果的な治療を行うことを目的として、2005年に設立。

松本医長は、抗がん剤治療に通じた医師を育成することを
目的に日本臨床腫瘍学会が導入した
「がん薬物療法専門医」の2期生の一人として、
最新の抗がん剤治療を実施している。

また同科は、週一回、全入院患者を対象とした
力ンファレンスを看護師も参加の上で行うなど
チーム医療も実践。

分子標的治療薬を含む抗悪性腫瘍薬、
緩和療法用薬などの新規薬剤の開発治験や
臨床試験にも積極参加している。

同センターは、QOL向上のため、
可能な限り外来化学療法を推進しており、
安全かつ効率的に外来化学療法が行えるよう、
腫瘍内科医師が外来化学療法室の室長と
副室長を兼務している。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式