広島大学病院|抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院


抗がん剤(化学療法)の名医・有名病院
広島大学病院
楢原啓之医師

■住所

広島市南区霞1-2-3

■実績・成績

固形がんの抗がん剤治療からがん疫学まで広い知識を持ち、
血液がん・小児がんを除く固形がん患者を診療。

ASCO年次総会で胃がんの標準治療を発表し、
国際的に注目を浴びた。

広島県がん対策推進計画の策定など行政面の仕事もこなす。

■治療の方針と詳細

楢原教授は同大学病院外来化学療法室(中央点滴室)で
抗がん剤治療を受ける、月約600人のすべての
がん患者のマネージメントを行っている。

さらに入院患者も含めたすべての抗がん剤治療の
プロトコール(抗がん剤の種類・量・スケジュール)を
毎月審査している。

また患者の視点に立ち、セカンドオピニオンのみならず、
がん患者会や緩和ケア、メンタルケアの教育も
積極的に行っている。

2007年度から採択された
文科省がんプロフエッショナル養成プラン
「銀の道」の教育コーディネーターを務め、
大学院力リキュラムの編成もしている。

同教授は大阪府立成人病センター在籍時から、
胃がん抗がん剤治療(ティーエスワン併用療法)を
数百人の患者を対象として行ってきた。

乳がん患者のアジュバント治療、
進行大腸がん患者の治療も行い、
小腸GISTや腎がん患者の分子標的薬剤への造詣も深く、
小児がん・脳腫瘍・血液疾患以外の分野
(成人の固形がん治療全般)で活躍し、
その実績は高く評価されている。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式