次世代の新しい分子標的薬とは

最近では次世代の分子標的薬の開発も始まっています。

そのうち実用化されているのが、
分子標的薬のひとつである抗体医薬品と、
従来の杭がん剤を組み合わせたハイブリッド型の
「抗体薬物複合体(ADC)」といわれるものです。

ADCは分子標的薬の「がん選択性」と
従来型の抗がん剤の「殺細胞毒性」という
2つの特性を併せ持つ薬です。

簡単にいえば、ターゲットに食いつきやすい抗体が、
がん細胞にたどり着いた時点で
「毒素」を放出するように設計されています。

ミサイルに例えるなら、
抗体医薬品がミサイル本体で
抗がん剤が弾頭といったイメージです。

抗原を持たない正常細胞には、
ダメージがなく、重い副作用は避けられるのが特徴です。

米食品医薬品局は、
乳がんの標的であるHER2を標的とした抗体医薬品と
抗がん剤のハイブリッド薬
「トラスツズマブ・エミタンシン(商品名カドサイラ)」を
承認しました。

既存の分子標的薬が効かなくなった患者対象の臨床試験では、
既存の標準治療より生存期間を延ばすことが確認されています。

また「毒素」が原因の副作用はほとんど見られませんでした。

日本国内では、中外製薬が
HER2陽性転移・再発乳がんを対象に申請しています。

また、胃がんを対象とした国際第Ⅱ/Ⅲ相試験も行われています。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?