抗がん剤の種類「トポイソメラーゼ阻害剤」の特徴と効果


抗がん剤の種類「トポイソメラーゼ阻害剤」の特徴と効果

イリノテカンやエトポシドなどの植物アルカロイドは、
「卜ポイソメラーゼ」と呼ばれる
酵素のはたらきを妨害します。

そのため、トポイソメラーゼ阻害剤と呼ばれます。


■作用のしくみ

トポイソメラーゼ阻害剤は、
他の植物アルカロイドと違って、
がん細胞の遺伝子DNAを切断します。

これらの薬の標的となるのは、
DNAのコピーを助けるトポイソメラーゼという酵素です。

トポイソメラーゼは、DNAがコピーをつくるときや、
DNAからたんぱく質が合成されるときに、
DNAを切断したりつなぎ合わせたりして、
その構造を少し変化させます。

イリノテカンなどの抗がん剤は、
トポイソメラーゼがDNAを切断したとき、
すかさずこの酵素に結びつきます。

その結果、DNAは切断されたままになり、
がん細胞は死んでしまいます。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式