トポイソメラーゼ阻害剤の投与法と代表的な薬剤名


トポイソメラーゼ阻害剤の投与法と代表的な薬剤名

トポイソメラーゼ阻害剤は、前述のように、
がん細胞のDNAを切断してがん細胞を殺す薬です。

しかし、卜ポイソメラーゼ阻害剤のひとつである
エトポシドの場合は、薬の投与を中止すると、
がん細胞の切断されたDNAがすみやかに
修復されてしまうので、
長い時間薬に触れさせておくほど、
効果が高まるとされています。

■代表的な薬

卜ポイソメラーゼ阻害剤には、
エトポシド、イリノテカン、
ノギテカン(別名トポテカン)などがあります。

このうちイリノテカンやノギテカンは
比較的新しい薬で、がん治療効果が高い反面、
しばしば副作用が強く現れることでも
知られています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式