トポイソメラーゼ阻害剤の投与法と対象となるがんの種類


トポイソメラーゼ阻害剤の投与法と対象となるがんの種類

トポイソメラーゼ阻害剤をベースにした抗がん剤は、
点滴または注射で静脈に投与します。

ただしエトポシドには、静脈投与以外に、
口から飲む経口剤もあります。
これは一般に、毎日継続して服用します。

■治療対象となるがん

これらの抗がん剤は、多種類のがんに対して
治療効果をもつため、肺がん、胃がん、卵巣がん、
子宮がん、悪性リンパ腫などの治療に使用されます。

エトポシドはこれらのがんのほかに白血病や精巣がんに、
またイリノテカンは大腸がんなどに用いられています。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式