抗がん性抗生物質の対象となるがんの種類


抗がん性抗生物質の対象となるがんの種類

抗生物質は、非常に多くの種類のがんに
用いられる抗がん剤です。

なかでも、マイトマイシンCやドキソルビシンは、
白血病やリンパ腫などの血液がんだけでなく、
多くの固形がんにも効果を示すことが知られています。

そのため、白血病、リンパ腫、
消化器系のがんや肺がん、乳がん、
子宮がんなどに広く使用されています。

また、特徴的な用途をもつ抗生物質として、
アクチノマイシンDやブレオマイシンがあります。

アクチノマイシンDは生殖器のがんに効く抗生物質で、
卵巣がん、精巣がんのほか、
生殖細胞系のがんが多い子どものがんにも
よく用いられます。

ブレオマイシンは扁平上皮がん
(皮膚細胞やそれに似た細胞のがん)に効果が高く、
精巣がん、頭部や首の扁平上皮がん、
皮膚がんなどに使われます。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式