プラチナ製剤(白金化合物製剤)の抗がん剤とは


プラチナ製剤(白金化合物製剤)の抗がん剤とは

プラチナ(白金)は、ペンダントや指輪の台座などに
使われる貴金属として、よく知られています。

この金属の化合物は、
細胞の中の遺伝子DNAを変化させ、
細胞を殺す作用をもっています。

そこでこの物質を抗がん剤として利用するのが、
プラチナ製剤です。


■開発の歴史

プラチナ製剤は、偶然と鋭い観察力によって
生まれた抗がん剤です。

1965年、ミシがん州立大学教授
バーネット・ローゼンバーグは、
大腸菌が細胞分裂するとき、
電流がどのような影響を与えるかを調べていました。

彼は、大腸菌と栄養を入れた溶液に
電流を流すための電極として、
プラチナを選びました。

プラチナが他の物質と反応しにくい
安定な物質だったからです。

実験の結果は予想もしないものでした。

大腸菌を入れた容器に弱い電流を流すと、
大腸菌の細胞の長さはしだいに伸びていったものの、
細胞の分裂が起こらないのです。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式