副作用のない抗がん剤はあるのか


副作用のない抗がん剤はあるのか

抗がん剤は、がん細胞を攻撃して
増殖を抑えたり死滅させたりする薬です。

がん細胞だけを選んで作用するのは難しく、
どうしても正常な細胞にまで作用してしまうことがあり、
それが副作用となってしまうのです。

がん細胞だけを選んでピンポイントで攻撃するタイプの
抗がん剤の研究も進められているようですが、
まだ多くはありません。

ただ、最近は副作用の症状を抑えたり
やわらげたりする薬も増え、
副作用対策も進歩しています。

副作用があらわれたときは医師に報告し、
つらい症状があれば緩和対策を
とってもらうとよいでしょう。

副作用をきちんと観察して報告しておけば、
重い副作用があらわれた場合、
すぐに抗がん剤の使用を中止するなどの
処置をとってもらえます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式