抗がん剤治療に関する欧米と日本の認識


抗がん剤治療に関する欧米と日本の認識

欧米では、「延命」と「患者さんのQOLの改善」のために
抗がん剤治療を行うという考え方が標準的です。

抗がん剤で腫瘍が小さくなれば苦痛が緩和され、
鎮痛剤を減らしたり中止することも可能ですし、
生存期間の延長にもつながるのですが、
日本の医療現場では「がんを殺すための治療」と認識されています。

そこにはQOLを無視し、とにかく
がん細胞を減らすことを目指す思想が隠れています。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式