がんを完治させる抗がん剤はあるのか


がんを完治させる抗がん剤はあるのか

抗がん剤は大きく分けると、
「細胞障害性抗がん剤」と「分子標的治療薬」の
2つのタイプがあります。

「細胞障害性抗がん剤」には、
がん細胞の中にある酵素に作用する「代謝措抗剤」や、
DNAに働きかけてがん細胞を死滅させる
「アルキル化剤」「トポイソメラーゼ阻害薬」「抗がん抗生物質」、
その他「ホルモン療法薬」などがあります。

しかし、がん細胞を攻撃するとともに、
正常な細胞も攻撃してしまうため、
副作用は避けられませんでした。

近年、がん細胞の増殖に関わる
特定の物質や遺伝子をねらい撃ちして、
がん細胞の増殖を抑える「分子標的治療薬」の開発が進み、
すでに治療の現場で使われ始めています。

例えば、近年許可されたスニチニブ(スーテント)は
腎臓がんに効果があることがわかりました。

腎臓がんといえば抗がん剤がいちばん効きにくい
難治がんの代表でしたので、
効果の得られる飲み薬が登場したのは、
画期的なことです。

このように、抗がん剤の開発は日進月歩ですが、
完治させる薬・特効薬は登場していません。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式