抗がん剤治療(化学療法)の耐性について


抗がん剤治療(化学療法)の耐性について

抗がん剤は、細胞の分裂をさまざまなタイミングで
妨害して細胞を殺す薬です。

しかしこのとき、がん細胞だけではなく
正常な細胞にもダメージが及びます。

がん細胞を全滅させるだけの抗がん剤を使うと
正常な細胞も死んでしまうため、
患者さん自身も死亡してしまいます。

このため、抗がん剤治療は、
がん細胞を完全に殺すのではなく、
がんの成長をくい止めることが目標となります。

がんが進行せず、いつまでも成長や転移をしないで
そこにとどまっていてくれればよいのですが、
残念ながらがん細胞の中には
薬に対する抵抗力を身につけて
生き残る性質(薬剤耐性)をもつものが出てきます。

そのため、抗がん剤はしだいに効かなくなり、
薬を変える必要が出てくるのです。


・・・

無料配布中!がんと闘うためのガイドブック

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式