大腸がんのリスクとなる肥満や運動不足


大腸がんのリスクとなる肥満や運動不足

肥満のある人は大腸がんになりやすいと
いわれています。

男性では、BMIが27以上30未満の人の
大腸がんのリスクが25未満の人の約1.4倍。
肥満があると、体内で慢性の炎症が生じることや、
血糖値を下げる「インスリン」の血液中の濃度が
高くなることが影響していると考えられます。

また、体を動かすほど大腸がんのリスクは下がります。

ほとんど体を動かさない(下位25%)の人の結腸がんのリスクは、
非常によく動かす(上位25%)の人の約1.7倍(男性の場合)。
運動でリスクの低下が期待できます。

ほぼ毎日、歩行などの運動を1日合計1時間行うだけでも
予防効果が期待できるのです。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式