大腸がんを防ぐために肉を断ち、野菜や果物を積極的に


大腸がんを防ぐために肉を断ち、野菜や果物を積極的に

肉をとりすぎると
大腸がんのリスクが上がりまうS。

赤身の肉(牛肉、豚肉、羊肉など)や、
ハムなどの加工肉をたくさん食べる人は
リスクが高いので、
大腸がんになった人は摂取しないようにしましょう。

また、野菜や果物をあまりとらない人も
大腸がんのリスクが高まります。

野菜、果物を合わせて1日400g以上はとりましょう。

特に、食物繊維の摂取量が1日10g未満だと、
リスクが上がるので不足しないようにします。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式