大腸がんの兆候と自覚症状


大腸がんの兆候と自覚症状

早期の大腸がんは症状はまずありません。

便に血が混じっている(血便)場合は
進行大腸がんの注意信号です。

がんの表面が潰傷で、出血しやすくなっているためです。

肛門に近い部位にがんができた場合、
排便の際に肛門から出血する場合もあります。

この症状は痔と思われて放置されることがあります。

右側の結腸がんでは肉眼的な血便に気づかず、
慢性的な出血による貧血によって発見される場合もあります。

また、最近排便回数が増加してきた、腹痛がある、
残便感が常にある、便が細くなったなど
排便状況が変化したと気づいた場合は
大腸がんによる症状であることもあり、
一度大腸検査を受けてみるべきでしょう。

また、嘔吐などの腸閉塞症状がはじめての
症状であったり、腹部や頭部の腫瘤触知が
初めて気づく症状であることもありますが、
これらの症状は残念ながらがんが
進行していることを意味しています。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式