大腸がんの原因となるもの


大腸がんの原因となるもの

大腸がんの発生には環境的因子と
遺伝的因子が関与します。

環境的因子としては肉食、高脂肪食などの
欧米型の食生活が挙げられます。

遺伝的因子としては
大腸がんにかかりやすい高危険群として、
家族の中に大腸がんに
かかった人がいることがあげられています。

その他にも、
1)過去に大腸ポリープができたことがある。
2)10年以上潰瘍性大腸炎にかかっている
3)痔棲が何年も続いている。
4)過去に骨盤腔に放射線をあてたことがある。

などが特殊な環境的因子が高危険群としてあげられています。

とくにこのような方は定期的な
大腸がん検診をおすすめします。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式