日本を代表する大腸癌(大腸ガン)の名医|森谷宜皓


国立がんセンター名誉院長海老原敏先生が
自らの著書「私ががんなら、この医者に行く」の中で
名前を挙げているお墨付きの「大腸ガンの名医」を紹介します


■Dr.森谷宜皓
国立がんセンター中央病院
手術部長

1971年岡山大学医学部卒。オランダ・ライデン大学客員教授等を経て現職。
大腸がん拡大郭清手術の一時代を形成したドクターです。早期発見なら5年生存率はほぼ100%という成績を残している大腸がんの名医です。



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式