日本を代表する大腸癌(大腸ガン)の名医|白水和雄


国立がんセンター名誉院長海老原敏先生が
自らの著書「私ががんなら、この医者に行く」の中で
名前を挙げているお墨付きの「大腸ガンの名医」を紹介します


■Dr.白水和雄
久留米大学病院
外科主任教授

1974年久留米大学医学部卒。同学科助手・講師等を経て現職。
専門的な技術を必要とする肛門管の外括約筋をごく一部温存して肛門機能を復活させる究極の肛門温存術で定評のあるドクターです。



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式