大腸ガン、内視鏡検査の名医、光島徹医師


大腸がんの早期発見に一番確実な
「大腸内視鏡検査」は、
電子内視鏡を紅門から挿入して、
大腸の中を細かくチェックする方法です。

確実な手術の前には、確実な検査が必要であり、
光島徹医師はその検査の第一人者として有名です

光島徹医師がこの25年間に検査を手がけた
受診件数は延べ12万5000件以上に及びます。
これは圧倒的な世界一の数字です


■光島徹医師
亀田MTGクリニック院長

47年熊本県生まれ
74年熊本大学医学部卒業
76年国立がんセンター
83年亀田総合病院画像診断センター長
90年英国セントマークス病院8カ月間研修
94年フランクスクリニック院長
02年亀田検診センター長
08年現職

なお、光島医師が「彼らは巧い」と推した主な顔ぶれは、
一緒にチームを組む和田亮一、永谷京平両医師、
東京勢では前谷容・東邦大学医療センター大橋病院教授、
お茶の水駿河台クリニックの中元和也、大城宏之両医師、
山地裕・東大病院医師、
長沼誠・慶應義塾大学病院医師。

他に、岡山大学病院(岡山県)の加藤順医師、
久留米大学病院(福岡県)の鶴田修教授の名が挙がった。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式