大腸がん手術の基本原則


大腸がん手術の基本原則

大腸がんの手術の基本は
過不足のない(とりのこさない、そして余分にとらない)腸管切除と
リンパ節郭清(郭清はとることを意味します)です。

手術では、がんのできた腸管と腸管のがんから
流れ出て近くのリンパ節に転移しているがん細胞を
切除することができます。

この切除範囲を進行度によって適宜変更し、
過不足のない適切な切除範囲にすることが重視されます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式