大腸がんの腹腔鏡補助下大腸手術


大腸がんの腹腔鏡補助下大腸手術

1990年ごろから手術による傷や痛みを
少なくすることを目的とした腹腔鏡補助下大腸手術が
世界的に始まりました。

腹腔(お腹のなかの空間)に
内視鏡を挿入してテレビ画面で
臓器(腸)を見ながら甜子(細い管の先に操作する先端がある)を
使って切除を行う方法です。

リンパ節転移もなく、その深さも平滑筋までの
大腸がん(ステージ1)に対しては良い適応とされています。

進行したがんに対して適応してよいかどうか
臨床試験が進行中です。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式