大腸がんの手術以外の治療方法


大腸がんの手術以外の治療方法

今まで大腸がんの治療法は
手術がもっとも有効であり、
手術の治療成績も改善してきています。

しかし、手術だけでは治療成績に限界があるのも事実です。

なぜなら、目で見えるがんのしこり(原発巣)は
手術により摘出することが可能ですが、
静脈、リンパ管、腹腔を介して移動し
転移(肝臓・肺・リンパ節・腹膜など)となる
がん細胞や小さな転移巣は、
原発巣の切除範囲に含まれていないと
手術では処置できません。

これらのがんを小さいうちに治療し、
排除することができれば、再発率が低下し、
治療成績が上がります。

現時点での有効な方法が補助療法の追加です。

単独ではがんを治すことに
手術ほどの効果がない治療法ですが、
手術と組み合わせることによって
手術の治療効果を増す場合があります。

これを補助療法といい、
化学療法(抗がん剤療法)、放射線療法の2つの方法があります。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式