大腸がんの補助的な抗がん剤治療(補助化学療法)


大腸がんの補助的な抗がん剤治療(補助化学療法)

大腸がんの補助化学療法(抗がん剤治療)は
欧米では大規模な臨床試験の結果、
リンパ節転移のあった結腸および
直腸がん(進行度デュークスC、ステージ3に相当)に
対して5FU (5フルオロウラシル)+ロイコボリンを
手術後に投与することによって、
手術単独の治療に比較して約10%治癒率を高めました。

日本と欧米とでは手術成績の差がありますが、
日本でも欧米の成績にしたがって
多くの医師がデュークス分類Cの大腸がんに対しては
術後補助化学療法が必要であると考えています。

また、日本で開発された
経口抗がん剤(フトラフール・ウラシル)を用いた補助療法も、
直腸がんでは臨床試験により
有効性が検証された治療法として認められています。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式