大腸がんの補助的な放射線治療


大腸がんの補助的な放射線治療

大腸がんの補助放射線療法は
進行直腸がんの骨盤内の再発を減らすために
手術前、手術中あるいは手術後に行われます。

欧米では直腸がんに対する手術治療成績が
日本に比べて低いという前提がありますが、
手術後の骨盤内再発を減少させたという
臨床試験の成績もありますので、
補助化学療法と合わせて直腸がんの
標準治療と考えられています。

また、日本では拡大郭清などにより、
補助放射線治療を行った欧米と同等以上の効果をあげています。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式