肝臓がんの再発と転移


肝臓がんの再発と転移

がんの原発巣を切除し、リンパ節を郭清したあと、
一定の期間をおいてがんが出てくるのを再発といいます。

手術を行なったときに取り残されたがん細胞があっても、
肉眼ではがん細胞と認識できない場合、
小さながん細胞は時間が経過するとともに
増殖してしだいに腫瘍の形をとるようになります。

再発の形としては、原発巣の切除部位もしくは
これに接する領域でがんが出できたり、
リンパ節や血管を介して遠隔転移の形でがんが出てきます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式