肝臓がんの転移とは何ですか?


肝臓がんの転移とは。
がん細胞が原発巣である肝臓から
他の組織へ拡がっていくことです。

がん細胞が原発巣から他の組織へ
拡がっていくのを「転移」といいます。

その際、血液を介して拡がったがんを
「血行性転移がん」といい、
リンパ節を介して拡がったがんを
「リンパ行性転移がん」といいます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式