肝臓がんによる肝不全で亡くなるときの状態


肝臓がんによる肝不全で亡くなるときの状態

肝臓にがんがあっても、正常な部分が
5分の1くらい残っていれば大丈夫ですが、
それ以上になると、肝臓の正常な働きが
阻害され肝不全を起こします。

肝臓というのは、さまざまな代謝機能や
解毒機能をもっています。

これらの機能が低下すると、
有毒な物質が体内に蓄積されていくことになります。

たとえば、赤血球が壊れるときに発生する
ビリルビンという有毒物質が体内に蓄積され、
黄疸が出たり、腹水が溜まったり、
意識が朦朧となったりします。

肝不全そのものは、痛みをともなわないのですが、
肝があまりに腫れると被膜が引っぱられて痛みます。

そしてしだいに、脳や各臓器の機能が低下していき、
やがて死に至ります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式