肝臓癌(肝臓ガン)手術後の食事メニューについて

【肝臓癌の特徴】
肝細胞がんは、肝炎や肝硬変症などのトラブルのある肝臓にできます。肝臓がんとは、肝細胞からできる肝細胞がんと、肝臓を通る胆管の細胞からできる胆管細胞がんの二つに分けられています。  
 
肝臓癌(肝臓ガン)に限らず、
ガンの治療においては「手術後」のケアが最も大切です

ガンを切ったから、消えたから安心、とばかりに
普段どおりの生活に戻る人が多いですが、
「ガン体質」は改善していないので、再発や転移を起こすことになります

体質を改善し、ガンに負けない体を作るためには食事の改善が最も効果的です

食事メニューについては様々な書籍が発売されていますが、
「健康に良さそうなものを食べる」だけでは十分ではありません

肝臓癌(肝臓ガン)なら肝臓癌に合った食事を摂る必要があります

そして、「命がかかった食事」ですから
本を見ながら独自で進めるよりも、専門家のサポートを受けながら
毎日的確な食事を摂ることが大切です

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式