肝臓癌(肝臓ガン)に効く食事療法とは?

【肝臓癌の特徴】
肝細胞がんは、肝炎や肝硬変症などのトラブルのある肝臓にできます。肝臓がんとは、肝細胞からできる肝細胞がんと、肝臓を通る胆管の細胞からできる胆管細胞がんの二つに分けられています。  
 
肝臓癌(肝臓ガン)になったら、
手術前、手術後(西洋医学の処方前、処方後)を問わず、
食事の改善による体質強化をおすすめします

食事療法には古今東西、様々なものがありますが、
「どんなガンにも良いですよ」という療法よりも、
肝臓癌(肝臓ガン)に特化した食事療法進めるべきだと思います

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式