肝内転移とは?


肝内転移とは肝臓に再発することです。

肝臓がんが他の臓器や組織ではなく、
おなじ肝臓のなかで転移することをいいます。

肝臓にがんができると門脈が詰まってしまうため、
そこから逆流して肝臓の他の部位に
拡がっていくのではないかと考えられています。

症状はなく、たまたま画像で見つかるだけです。


■肝内転移した場合の治療は?


肝内転移のときは再発のときとおなじ治療法になります。

肺や骨など肝臓以外に転移したときは
全身的な治療法をすることになりますが、
いまのところ効果的な治療法はありません。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式