肝臓がんの焼灼治療とは


肝臓がんの焼灼治療とは

焼灼治療には、マイクロウェーブ(超短波)治療、
ラジオ波治療があります。

これは体外から特殊な針をがんに刺し、
がん細胞にマイクロウェーブを直接照射して
高熱でがんを凝固・壊死させる方法です。

まず、腹部の皮膚を5mmほど切開し、
そこから先端に電極のついた針を入れます。

その針を、超音波画像を見ながらがんのある部位まで進め、
マイクロウェーブを1分間照射します。

これが最も簡単な方法ですが、状況によっては
腹腔鏡を使ったり、開腹して行うこともあります。

この治療が適応となるのは約3cmまでのがんです。
最近は、マイクロウェーブに代えて
ラジオ波を使う方法もあり、これだと約4cmのがんまで
適応となります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式