胸膜(肺の仕組み)


胸膜(肺の仕組み)

胸膜はタラコの表面の膜によく似ています。

かなり薄いのですが、丈夫な膜です。

胸膜は肺(臓)の外側を被っている臓側胸膜と、
胸郭(胸壁)の内側を被っている壁側胸膜の2種類あり、
折り返って連続しています。

非常に薄い膜が2枚重なっているので、
正常な人のレントゲン写真やCTでは、
胸膜が2枚あることを認識することはできません。

また2枚の胸膜は、折り返って連続し、
1枚の紙を折り畳んだように接しています。

従って厳密には2枚の胸膜の間には空間が存在します。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式