葉間(肺の仕組み)


葉間(肺の仕組み)

肺はタラコのように右は3つ、
左は2つの肺葉に房分かれしていると
説明しましたが、基本的には気管支が
それぞれの肺葉で別に出ていて、その間、
たとえば上葉気管支と下葉気管支の間に
リンパ節(1群)があり、肺門リンパ節と同様に
肺がんの進行度を表す際に重要です。

それぞれの肺葉の間を葉間と呼び、
その分かれを分葉といいますが、この分かれがいいと、
切離する血管や気管支がよく見え、同定が容易になるので、
肺葉切除の手術は非常に簡単になります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式