肺の閉塞性障害とは


肺の閉塞性障害とは

喘息の発作時には息が苦しくなりますが、
これは息が吐けなくなるからです。

喘息発作の時には、息を吐くときに喘鳴といって、
ヒューヒューと音がします。

これは空気の通る管(気道)が挟くなって、
水道管のホースの先を細くした状態と
同じようになっているのです。

口笛を吹く時に口をつぼめるように、気道が挟くなるので、
ヒューヒューと笛のような音がするのです。

このように肺が縮みにくく、息が吐きにくくなる状態を
閉塞性障害といいます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式