肺の拘束性障害


肺の拘束性障害

肺の表面は実は胸膜という丈夫な膜で覆われています。

正常な膜は弾力性があり伸縮自在ですが、
何らかの原因で胸膜が硬くなることがあります。

たとえば結核性の胸膜炎で起こることがあります。
このとき、伸びが自由にできにくくなります。

このように肺が十分に拡がれない状態を拘束性障害といいます。

閉塞性障害にしても、拘束性障害にしても、
どちらでも肺の伸縮ができなくなるため、
肺の換気量は低下します。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式