肺ガン縮小手術の名医、児玉憲医師(大阪)


通算3000例を超す、
肺ガン治療の歴史を作ったといわれる
肺ガン手術の名医が大阪の児玉憲医師です

児玉憲医師が得意とするのは
肺ガンの縮小手術で、
これは肺を部分的に切除する手術です

所属する病院は、大阪府立成人病センター。

肺がん手術数だけで3647人。
転移性肺がん738人を合わせた合計4385人は、
国内指折りの実績を誇る病院です

■児玉憲医師

大阪府立成人病センター所属
(大阪府大阪市東成区中道1-3-3)

47年和歌山県生まれ
72年和歌山県立医科大学卒業
82年大阪府立成人病センター呼吸器外科診療主任
85年同医長
97年同部長
03年同診療局長
04年大阪大学医学部外科臨床教授
07年現職


がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式