「COPD」「じん肺」と肺がんの関係


「COPD」「じん肺」と肺がんの関係

多くの患者さんにとっては、
肺ガンは突然の宣告だったかもしれません。

しかし、もともと「COPD」や「じん肺」など、
肺の病気があった人は、肺ガンの発生リスクが
高まることが知られています。

慢性的な肺の病気をかかえている人は、
呼吸機能が低下していることが少なくありません。

そのため、肺ガンの治療の際には、
切除範囲の広い手術など、呼吸機能をさらに
低下させてしまうおそれのある方法は
おこなえない場合もあります。

よりよい状態で過ごすためには、肺ガン以外の
肺の病気への対処法も考えながら、
治療していくことが必要です。


■肺ガンと関係する肺の病気

・COPD(慢性閉塞性肺疾患)

慢性気管支炎、肺気腫とよばれてきた病気の総称。
気管支や肺胞に慢性の炎症が生じ、
息切れや咳、痰などの症状が続く。

※喫煙の影響が大きい

・じん肺

原因となる粉じんの種類により、
けい肺、石綿(アスベスト)肺など、
さまざまなタイプがある。
細気管支や肺胞に小さな粒子が沈着し、
肺の線維化や、腫瘍を発生させる原因になる。

※粉じんの影響が大きい


・・・
ガンを克服するために必要なことは?

詳しくはこちらのページで。
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式