肺ガンと、肺の働き


「肺ガン」という病名は共通していても、
その状態はさまざまです


組織のタイプによって特徴は大きく異なります。

また、どれくらいガンが進んでいるかを知っておくことも、
治療に取り組むうえで大切な情報です。

肺ガンという病気を理解するために必要な
基本的な知識をここで解説していくことにしましょう。

☆枝分かれした気管支と無数の肺胞の集まり


肺ガンは、肺の組織から発生した
異常な細胞のかたまりです。

では、肺は、どのような臓器であり、
どのような組織からできているのでしょうか?


■すべての血液は肺を通過する

肺の働きは、血液中の二酸化炭素を、
空気中の酸素と交換すること。

これをガス交換といいます。

すべての血液は肺を通過し、肺胞で十分な酸素を
受け取ったあといったん心臓に戻り、
体のすみずみへと送りだされていきます。

ガス交換がうまくいかないと、
生命を維持することができません。

肺は心臓とペアになり、非常に重要な働きをしているのです。


・・・
ガンを克服するために必要なことは?

詳しくはこちらのページで。
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式