肺がんになったら、医師に最初に確認するポイント


肺がんになったら、医師に最初に確認するポイント

肺がんの治療方針を決めていくうえで、
確認しておきたいポイントがあります。

詳しく解説してくれる医師もいますが、
説明が不十分と感じられるときには、
以下のような問いを発してみるとよいでしょう。


1.私の肺ガンはどんなタイプ?

ひと口に肺ガンといっても、
発生した部位や組織型の違いによって、
選択できる治療法は変わってきます。

中心型肺ガンと末梢型肺ガン、
小細胞肺ガンと非小細胞肺ガンの違いを、
しっかり調べておきましょう。。


2.病期は?

肺ガンがどの程度進んでいるかも、
治療法を決めていくうえでは重要なポイントです。


3.標準的な治療法なの?

医師は、患者さんの病状、全身状態などから、
最適と思われる治療法を提案します。

提案された治療法は標準的なものなのか、
あるいは研究段階の治療法なのか、問いかけてみましょう。

「標準的」といわれるのは、科学的根拠となる
データがある治療法です。


4.検査や治療に伴う合併症・副作用は?

最近は、合併症や副作用の危険性について、
非常に詳しく説明されるようになってきています。


・・・
ガンを克服するために必要なことは?

詳しくはこちらのページで。
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式