肺ガンの「パフォーマンスステータス」


肺ガンの「パフォーマンスステータス」

全身状態を示すPS(パフォーマンス・ステータス)と
いう指標があります。

肺ガンでは一般に、PS0~PS2なら、
積極的な治療がすすめられます。

PS4の場合には、緩和療法のみという選択が
すすめられる場合もあります。


・PS0

発病前と同じように社会活動ができる。

・PS1

肉体労働はむすかしいが、歩行、
軽作業やデスクワークはできる。

・PS2

歩行や身のまわりのことはできるが、軽作業はできない。
日中の半分以上の時間は起きていられる。

・PS3

身のまわりのことはある程度できるが、
日中の半分以上、横になって休んでいる。

・PS4

ほとんど寝たきりの状態で、
歩行や身のまわりのこともできない。


・・・
ガンを克服するために必要なことは?

詳しくはこちらのページで。
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式