肺癌(がん)の生存率


肺癌(がん)の生存率

がんに関しては、ある程度大きな施設を持ち
患者さんが多い病院が「5年生存率」という
データを出しています。

肺がんの場合、5年生存率の平均的な値は
非小細胞がんと、小細胞がんで異なります。


■非小細胞がん

手術をした場合の5年生存率は
病期1期(1A、1B期):70%
2期(2A、2B期):50%
3A期:25%

といわれています。

■小細胞がん

放射線療法と化学療法の合併療法を受けた場合
2年生存率:約50%
3年生存率:約30%
5年生存率:約25%


と非常に厳しいものだといえます。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック

答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式