肺癌(がん)患者の胸水治療と余命


肺癌(がん)患者の胸水治療と余命

胸水とは胸腔内に体液が異常に溜まった状態です

ガンが胸膜に浸潤して毛細血管傷つけたり、
胸膜炎を起こすことによって体液が溜まります。

肺がん患者で胸水が発生したということは
リンパや血液に転移がある状態であり、
基本的にはステージ3、4という進行状態にあります。


この状態になると、余命は半年~数年といわることが一般的です。

病院でも対症療法しかありません。

つまり、とにかく管を入れて水を抜く、という対処です。

がんの進行自体は、
抗がん剤で抑えることしかできません。

ここから回復するのは厳しい道ですが
全く手がないわけではないので諦めないでくださいね。
・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

不安に感じている方にお伝えしたいことがあります。

詳しくはこちらのページで。
がんを治すための「たった1つの条件」とは?
 



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式