肺癌 骨転移したあとの治療方法

肺癌から骨に転移してしまったら・・・

余命や治療法について解説します

まず、骨転移は、原発巣(最初に発症したがん)で
増殖したがんが血流によって骨に運ばれて、
骨髄内毛細血管で増殖することによって起こります。

肺癌から骨転移がみられる場合、
小さな癌細胞が全身に散らばっているような
症状になっていることが多いです
そのため、平均余命は半年〜1年と言われています

しかし、余命半年を宣告されても10年以上生きていらっしゃる方もいます

では、どのようにして脳転移後の
癌治療に取り組めばいいのでしょうか

答えは・・・

「体に悪いものを徹底的に排除し、 体に良いものを入れ続ける」
これしかありません

体のパワー、命のパワーを強くしない限り
転移・再発したガン細胞に打ち勝つことはできないのです

抗がん剤や放射線は、命を強くするものではありません

肺癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが、
現実に肺癌を克服したり、余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます

では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか

詳しくはこちら
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式