乳がん治療の入院に必要なもの


乳がん治療の入院に必要なもの

入院に必要な品物や面会時間などについては、
あらかじめ外来、あるいは入院病棟の看護師から
説明があるはずです。

分からないことがあったら遠慮なく質問をしましょう。

入院費の支払法などについても、
事前に聞いておくとよいでしょう。

医療施設によっては入院時に一定の保証金が必要であったり、
一定期間ごとに支払いが必要なところもあります。

とくに差額ベッドを利用する場合は、費用がかさみます。

患者さん本人が家計を管理している場合は、
家族との打ち合わせも必要でしょう。

入院に必要な品物は、一般的には次のとおりです。

このほか特別に必要なものは通常、
医療施設の売店などでそろえられますから、
早くから準備する必要はないでしょう。

ただし、下着や衣服は、手術後脱ぎ着がしやすいもので
自分の趣味に合ったものを探しておくと、
入院生活がいくらかでも快適になることでしょう。

・入院中の衣類選びのチェック・ポイント

★胸帯

手術後にブラジャーの代わりに使うもの。
一般的には入院してからでも購入できる。
アンダーバス卜は、ややゆるめのほうがよし。

★肌着、パジャマの上着など

吸湿性がよく、全体のサイズがゆったりしているもの。
前開きで、そでぐりの大きめなものがお薦め。

★ショーツ、パジャマのズボンなど

特別な制限はないが、きつ過ぎないもの。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式