がんの温熱療法の仕組み

血行、新陳代謝を盛んにすることで、
白血球やリンパ球などの抗体が炎症の局所に多くなり、
痛みや炎症が軽減されます。

体温を42℃にするような全身の温熱療法は
体全体を消耗させるという理由から
最近はあまり採用されません。

逆に寝る直前に38~39℃のお風呂に30分ほど入る、
湯たんぽで下腹や腰まわりを温める、
爪のはえ際をもむだけでも有効でしょう。

日本温泉気候物理医学会の見解として、
38℃前後のお湯は副交感神経を優位にするとの報告があります。

またヒートショックプロテインが1番作られやすい温度でもあり、
これは組織を修復するたんぱくなので、
実験レベルではがんを治すという報告もあります。

湯たんぽで体を温めるだけで
リンパ球が増えるという論文も発表されました。

西洋医学でも局所の温熱は行います。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを完治させるための5つのルール